ZBrush備忘録 ‐ 00001 ‐ オブジェクトの大きさについて

ZBrushでのオブジェクト(サブツール)の大きさについて、現時点で解っている事を書いてみます。

●ZBrushでのオブジェクト(サブツール)の大きさに付く単位は[Units]
大きさは、Tool → Geometry → Size で確認できます。

ZBrushと他の他の3DCGアプリの間でデータをやり取りする場合、オブジェクトの大きさは次のように決まります。

① ZBrush → 他3DCGアプリへオブジェクトをExportする場合
ZBrushでのオブジェクト幅(X軸サイズ) × ExportのScale値 = 3DCGアプリのオブジェクト幅
ZBrushでのオブジェクト高さ(Y軸サイズ) × ExportのScale値 = 3DCGアプリのオブジェクト高さ
ZBrushでのオブジェクト奥行き(Z軸サイズ) × ExportのScale値 = 3DCGアプリのオブジェクト奥行き

[例]ZBrush → 3dsMaxへデータをExportする場合(GozやExportなどで)
Zbrushで幅(X)=1[Units]、高さ(Y)=2[Units]、奥行き(Z)=3[Units]のオブジェクトを、作業単位[mm]の3dsMaxに100倍(ExportのScale値 = 100)で読み込むと、幅(X)=100[mm]、高さ(Z)=200[mm]、奥行き(Y)=300[mm]のオブジェクトとして読み込まれます。

ZBrushでの元データ

画像


ZBrushでの元データのExportの設定とサイズ

画像


ZBrushでの元データをGoZにより3ds MaxへExport

画像


3ds Maxへ読み込まれたデータ

画像


3ds Maxへ読み込まれたデータのサイズ

画像




<<参考にさせて頂いたWebページ>>
【ZBrush】サイズがおかしくなる件
ZBrush内のデータのやり取りでサイズが変わる?

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック